なぜ、開発型のソフトウェア企業が日本では育たないのか

システム開発を10余年していたからこそ、あなたの悩みがわかります!

 新しいソフトウェアの開発。時間も手間もかかります。

ところが、市場に提供したとたんに、類似ソフトが次々と登場するのがこの世界。どうしても、短期回収型のビジネスモデルに移行したくなる気持ち、とてもよくわかります。

ただ、だからといって短期回収型のビジネスモデルでは、事業が長続きしません。やはり足腰の強い企業は、長期回収型のビジネスモデルが根底に流れています。

その中で誰が生み出したのでしょう。「保守費用」という考え方。ハードウェアならわかるのですが、ソフトウェアの保守?実はこれ、ユーザにはすこぶる評判が悪い、って意識されているでしょうか?

企業の立場もよくわかります。しかし、ここは王道である「技術」を梃子に事業を展開しませんか。そんな提案をするページです。

 

                                    次へ>